「Wikiversity:削除の方針」の版間の差分

ショートカットテンプレート等を置く
(削除の依頼草案の起稿)
 
(ショートカットテンプレート等を置く)
{{草案Proposed}}
{{shortcut|WV:DP|WV:DEL}}
この'''削除の方針'''(Deletion policy)は、用務員が対応する削除と復帰について説明しています。削除と復帰の依頼は[[Wikiversity:削除依頼]]で受け付けています。削除されたページは一般の利用者からは閲覧できない状態になります。復帰を依頼することも出来ますが、データベース上からも削除された場合は復帰できない場合があります。
 
== 即時削除 ==
{{shortcut|WV:SD|WV:CSD}}
正当な理由が明確にわかる場合、対象のページは速やかに削除されます。即時削除は用務員による裁量によって行われます。用務員以外の利用者が即時削除を求める場合は{{Tl|即時削除}}をページに付与することで即時削除を要請することが出来ます。即時削除するべきではないページは即時削除を除去してください。即時削除できないケースは[[Wikiversity:削除依頼]]へ依頼してください。
 
用務員も利用者として投票やコメントを寄せることができます。
 
=== ページの削除の方針 ===
削除を行う場合、次の基準によって判断します。
# [[#即時削除の方針|即時削除]]と判断できるケース(即時削除か自信がない場合を含める)
 
通常、秘匿しなければならないものは、法的侵害案件でも個人情報の暴露や、名誉毀損などです。秘匿対象となるものは他のページにその内容を書くだけでも新たな侵害案件を生んでしまう可能性がありますので、用務員の裁量によって現在は行われています。
 
{{DEFAULTSORT:さくしよのほうしん}}
 
[[en:Wikiversity:Deletions]]