「トーク:周期表」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
[[User:Petronius|Petronius]] 13:36, 28 September 2007 (UTC)
:正式に名称が決定していますので、掲載については問題はないと思います。暫定的な名称でしかない物質については、掲載する必要はないと思います。--[[User:Genppy|Genppy]] 08:51, 29 September 2007 (UTC)
 
 
:<sub>111</sub>Rgの原子量を284に修正されていますが、Wikipediaなどでこの元素の原子量を284と表記しているのは多く見られるものの、私はその根拠を見つけることができなかったため、元の版では280と表記しました。元素の原子量は、定義上、同位体の質量数とその存在比から導かれるもので、天然に(地球上で)存在しない元素の場合には存在比を確定できないため、算出不可能なものだと思います。現にIUPACの原子量委員会からの[http://www.iupac.org/publications/pac/2006/pdf/7811x2051.pdf 報告]には、原子番号84以上(とTc,Pm)の元素の原子量は示されていません。Th,Pa,Uという例外はありますが。そのための代替案として最長寿命の同位体の'''質量数'''を表記するとしたら、元の版に記載した通り、280のままでよいのではないでしょうか?<sup>284</sup>Rgが合成されていてそちらの方が長い、もしくは<sup>280</sup>Rgの質量をamuで表わすと284になるのでしたら、修正の通りだと思いますが。いかがですか?[[User:Petronius|Petronius]] 04:19, 30 September 2007 (UTC)
0

回編集